人間生録を変えたマンガとは心のの場合でずっと生きている

皆さんには人間中継を左右されたものはあるでしょうか?
尊敬する人間、みじかな先生だったり、年数上の偉人間です人間が多いのでしょうか?
筆者の場合は小学校のところ見たマンガだ。

もともと、マンガを望ましく見分ける家事だったこともあり、
それまでもマイホームにいる時間にマンガがやっていれば大方見ていました。
それこそ習得テレビでやる忍たま乱太郎は日毎見ていました(笑)

そんな筆者がはまったのは、シティーハンターだ。
普段はスケベくてだらとめる冴羽?が挙げる真剣な視線、
攻防戦がはじまったときの強さ!
牧村香と引っ付くのか、くっつかないかの不満感。
冴羽?は可愛くモッコリしていましたから、目下深夜範囲でプログラム講じるマンガでしょうが、
当時はまだそんなに制御が深くなかったんですね。
小学校の筆者はモッコリはよくわかっておらず、さらりと流しておりましたが、
冴羽?が夜這いしたり、委任者の入浴タイミングなんかにドキドキしていたものです。
委任者の障碍を解決してほっとする裏話、ホロリとする裏話など
見応えがありましたね。

見終わった後の余韻に浸っていると流れて来る終焉。
終焉に限らず、差し入れ歌も含め有難い曲が多かった!
筆者は終焉を見ながら思ったのです。
冴羽?の意見って何方なんだろう?
これが人間生の転換期だったと今では思います。
そう、筆者は声優ニートになっていったのです。
マンガを見れば、必ず声優のチェックをして、精通を増やしていきました。
声優ちゃんのラジオもすばらしく訊くようになりました。
私の青春年代はマンガと声優ちゃんに捧げていました(笑)
筆者もいい年になり、TPOを弁えるようになったのでパッとみてニートだとはわからないように
していますが、やっぱりニート元気は貫くだ。
急増分、いつまでもニートやってると思います。
ルルルンは最近人気のフェイスマスクですよね。

人間生録を変えたマンガとは心のの場合でずっと生きている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です