お母さんの大切さ、お母さんの偉大さを実感した土産に触れてみたい

去年61箇月に分娩しました。分娩までにいくつもの悩みやストレスがありました。私の母体は、7年前52才の若さで死没。直後4年後にウェディング、翌年に懐妊。日に日にすごくなる腹を抱えながら「ボクは、わがキッズをしっかり育てていただけるかな?帰る家もなくやっていけるかな?」など。懐妊7ヶ1箇月のら切迫早産で入院、懐妊糖尿でインスリンと自分の事で精一杯で退院したしている時、ボクに実母がいないことを心配した義父、姑が各週のように検診に添うように。ボクは、任せる件になれていないせいか?母性でわがキッズを貫きたい意気込みなのか?義父、姑のカタチが重たくなり、検診をメイン人の休日に変えて義父、姑の付き添いから逃げました。産後は、義実我が家にと言われていたのも断りました。子育てに追われるしている時、姑、義父に気持ちを使いたくなかったし誰にも触られたくなかったんです。一大のは十も合意。わが家に戻り分娩7日光眼から帰りがのろいメイン人にも頼れず一家子育てをこなしました。新生児は、昼夜問わず涙します。寝不足と疲弊で私もわがキッズと一緒に泣いたこともあります。そんな時に言葉に見つかるのが「マミー、マミー、なんでいないの?助けて」でした。
その時、母体の大切さや偉大さを痛感しました。愛人募集をしようなんてごめんなさい。
助けてほしいときに女房はこの世にいない。任せたいら女房はこの世にいない。女房の兄妹から「あなたが産まれた時はそれはそれは喜んで大切に大切に育てたんだよ」って聞いたんです。近頃、私の幼子は、はじめ才を迎え大きな疾病をすることなくスクスク成長しています。メイン人も、眼に入れてもいたくないと言うほど大事にしています。私もわがキッズがこんなに可愛らしいグッズかと想うくらいかわいがりています。わが大事よりも大事なカタチだ。そう窺えるのもきっと私の女房もボクと同じようにボクをかわいがり、大事に育ててくれたからわがキッズにも同じように当たる事ができると思っています。

お母さんの大切さ、お母さんの偉大さを実感した土産に触れてみたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です